背中の痛みにも高反発布団

背中の痛みにも高反発布団

背中の痛みにも高反発布団

腰痛,布団,背痛

腰痛と一緒に背中の痛みに悩まされる人も多い。何故背痛が起こるのでしょうか?

 

背中の痛みの原因は様々ですが、朝起きた時に痛いとなれば布団が密接に関係してきます。

 

腰痛と背痛はセットで語られる事が多いのですが腰痛との違いが「枕」も関係してくる所ですね。

 

普段ベットに寝ている人が旅館などで布団に寝ると様々な痛みを感じたり、逆にぐっすり眠れて体の回復を感じた事ありませんか?

 

普段と違う寝具を使うだけで体調が全く違ってくるのです。一日の三分の一を過ごすわけですから納得ですよね。

 

多くの原因は筋肉の緊張です。疲労回復を布団や枕に邪魔されているのです。
背中だけではなく、首や肩も一緒に痛める場合が多いですね。

 

背中の痛みの原因として考えられるのは、布団が柔らかすぎて背骨の形に無理があり、それを筋肉によって支える場合です。

 

この場合、筋肉が緊張しっぱなしなので背中の痛みの原因となってしまいます。

 

もう一つ考えられる事は枕の高さが合っていない為に首が圧迫されたり沈み込む事により筋肉の緊張状態が発生するのです。

 

この場合には首が痛くなり肩こりも併発する場合が多いですね。

 

どちらにせよ筋肉の緊張が続くことによって痛みが起こるので、改善策は体に無理のない布団や枕を利用することになります。

 

高反発布団が背痛に良いというのは背中の動きを理解するとわかります。
横になると体の重さを支えるのが腰・背中ですよね?

 

腰と違って背中には肩甲骨があり、寝返りに重要な役割を果たします。
つまり、睡眠をとっている最中にも背中は働いているのです。

 

だからこそ背中の働きを助ける高反発布団が必要になってくるのです。

 

柔らかい低反発布団だと沈み込むため、寝返りを打つのに余計な力が必要になってきます。

 

その分高反発だと硬めなので楽に寝返りが打てるんですね。

 

では寝返り打たなきゃいいじゃない?というとそうではありません。

 

寝返りは布団と接触して圧力のかかっている部分の血液の循環を促します。

 

血液は全身を循環して、酸素などの必要な栄養を全身に供給しないと肩こりや腰痛の原因となる事があります。

 

つまり、腰痛・背痛・肩こりには体の疲労を回復させ、十分な寝返りを打てる硬めの高反発布団が良いと言うことですね。

 

高反発布団にも色々ありますがこちらをオススメします。

 

まずは現在使っている布団(マットレス)の確認です。

 

簡単に確認出来る方法があるのでこちらを御覧ください。

 

>>腰痛持ちへのオススメ出来る布団はコチラ


【おすすめ】Amazonでお得にポイントを貯める方法




Amazonでお得に買い物をしたいならギフト券に現金をチャージするべし!!

最大2.5%のポイントバックで次回のお買い物に使えます。

手続きはとても簡単です。


1.Amazonギフト券を購入



Amazonでギフト券(チャージタイプ)を購入します



2.現金をチャージ





コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いを選択し、コンビニ・ATM・ネットバンキングのどれかでチャージします。



3.ポイント付与


翌月の中旬頃にポイントが付与されます。


チャージした金額の最大2.5%です。


しょっちゅうAmazonで購入する人はあらかじめチャージしておけばポイント分お得に買い物ができるということですね。

チャージ分の有効期限は10年なので安心して利用することができます。


Amazonギフト券を購入する




詳しくはAmazon公式サイト