敷布団で肩こりを解消しよう

敷布団で肩こりを解消しよう

敷布団で肩こりを解消しよう

敷布団と肩こりには意外にも大きな関係性があり、寝具選びの見直しは非常に重要な要素となっております。

 

「敷布団の種類なんて関係ない」「眠ることができれば何でも良い」と考えている方は多いかもしれません。

 

しかし、敷布団が硬かったり柔らかかったりすると、以下のような弊害があります。

 

硬い敷布団で寝ている

  1. マットレスの硬めのタイプだと身体が沈まない
  2. 睡眠中に腰を中心にして浮いたような状態となる
  3. 身体全体が反って肩に悪影響が生じる
  4. 既に肩こりを患っていると症状の悪化に繋がる

 

柔らかい敷布団で寝ている

  1. 低反発タイプの敷布団を使って寝ている
  2. 身体が布団に沈み込んで脊椎が伸びきってしまう
  3. 特定の部位だけに体圧が集中して筋肉が硬くなる
  4. 血液やリンパの流れが悪くなって肩こりの悪化に繋がる

 

上記のような流れで肩こりの症状が悪化しやすく、痛みが強くなれば快眠が阻害されます。

 

そこで、肩こりの解消を日常生活の中で考えているのならば、適度な弾力を持っていて体圧分散に優れている敷布団に変えてみるべきです。

 

体重が特定の箇所に集中せず、身体全体に拡散されるような体圧分散の敷布団を使えば肩甲骨への負担を和らげ、姿勢が不自然になるのを防げます。

 

不自然な姿勢になれば当然のように血流は悪化し、疲労物質などの老廃物が体内に蓄積されて肩こりが悪化するので注意しなければなりません。

 

当サイトでご紹介している雲のやすらぎは体圧をクロスに分散させる設計となっており、肩こりで悩まされている人から支持を得ております。

 

程よい硬さでクッション性にも優れており、快眠を得られる敷布団なので一度雲のやすらぎを使ってみてください。

 

 

さて、上記では敷布団で肩こりの解消に繋がると説明致しましたが、これだけでは不十分かもしれません。

 

矯正器具ではないので肩こりの治療に繋げられるわけではなく、あくまでも痛みを軽減させるグッズだと頭に入れておくべきです。

 

それでも、「右の腕から背中にかけての筋肉を解すためにストレッチを行う」「首や肩周辺の部位を温めて血流を促す」「ヨガで1日の歪みをリセットする」「血行不良に陥らないために冷え性を改善する」という対策を同時に行っていれば、肩こりの症状は次第に和らいでいきます。

 

「パソコンやスマホを使う時間が長い」「運動不足に陥っている」「重い荷物を持つ仕事をしている」「猫背を人から注意されたことがある」という人は肩が凝りやすいので、上記の対策を行ってみてはいかがでしょうか。

 

もちろん、確実に凝りを取り除けるわけではないので、自宅でのセルフケアに加えて整形外科や鍼灸院といった病院で治療をしてみてください。

 

>>腰痛持ちへのオススメ出来る布団はコチラ

【おすすめ】Amazonでお得にポイントを貯める方法




Amazonでお得に買い物をしたいならギフト券に現金をチャージするべし!!

最大2.5%のポイントバックで次回のお買い物に使えます。

手続きはとても簡単です。


1.Amazonギフト券を購入



Amazonでギフト券(チャージタイプ)を購入します



2.現金をチャージ





コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いを選択し、コンビニ・ATM・ネットバンキングのどれかでチャージします。



3.ポイント付与


翌月の中旬頃にポイントが付与されます。


チャージした金額の最大2.5%です。


しょっちゅうAmazonで購入する人はあらかじめチャージしておけばポイント分お得に買い物ができるということですね。

チャージ分の有効期限は10年なので安心して利用することができます。


Amazonギフト券を購入する




詳しくはAmazon公式サイト