敷布団で不眠を解消しよう

敷布団で不眠を解消しよう

敷布団で不眠を解消しよう

不眠症で悩んでいる現代人は意外と多く、社会人になって仕事が忙しくなり、精神的なストレスも加わって1時間から2時間も寝付けないのは当たり前という状態に陥っているケースは少なくありません。

 

この不眠症は意外にも寝具の環境が整っていないことが原因で引き起こされやすいので、症状を解消するために敷布団の種類を見直してみてはいかがでしょうか。

 

敷布団やマットレスの好みは人によって様々で、「硬い方が好き」「柔らかい方が心地良い」と意見が分かれております。

 

しかし、あまりにも硬すぎると寝返りが打ちやすくなって身体の一部分に負荷が加わりやすく、逆に柔らかすぎると身体全体が沈み込んで寝返りがしにくくなって良質な睡眠が阻害されやすいのです。

 

寝相の良い人でも一晩に10回から20回程度は寝返りを打つと言われており、浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠のスイッチを切り替える役割を果たしております。

 

このスイッチが上手く機能しないと睡眠の質が悪化して不眠に繋がりやすいので、当サイトでご紹介している敷布団の雲のやすらぎに変えてみましょう。

 

身体全体に負担が加わらないように体圧を分散できる仕組みが雲のやすらぎの最大の特徴で、適度な固さを実現することで心地良く眠るために背骨のS字カーブを保持できます。

 

それに加えて、凸凹アルファマットとサイドスプレットの2種類の繊維がサンドイッチした構造になっており、通気性を良くして寝汗が浸透する前に蒸発するのです。

 

「どうすれば寝心地が良くなるのか」「どうすれば通気性が良くなるのか」という点に着目して作られた敷布団なので、不眠の悩みを抱えている方は雲のやすらぎを使ってみてください。

 

 

さて、夜に眠れない不眠症と一口に言っても、下記のように睡眠障害には幾つもの種類があります。

 

  • 入眠困難:布団やベッドの中に入っても30分から1時間にかけて寝付けない
  • 中途覚醒:一度寝付いても朝起床するまでに何度も夜中に目が覚める
  • 熟眠障害:睡眠時間を確保しているのに熟睡した感じが得られない
  • 早朝覚醒:希望する時刻の2時間以上前に目が覚めてその後に再び眠ることができない

 

上記のように個人によって引き起こされている状態は異なるものの、寝具の環境が整っていないことが原因で症状の悪化に繋がりやすいのは事実です。

 

特に、身体と密着している敷布団の選び方は重要で、「安いから」「デザインが良いから」という理由で選ぶのはおすすめできません。

 

もちろん、日常生活に支障が出るほど不眠症が悪化しているのならば、日本睡眠学会の認定医が在籍している不眠症外来や心療内科へと足を運ぶべきです。

 

それでも、睡眠薬に頼るだけが不眠の解消方法ではないので、敷布団や枕といった寝具の見直しをしてみてください。

 

>>オススメ出来る布団はコチラ

【おすすめ】Amazonでお得にポイントを貯める方法




Amazonでお得に買い物をしたいならギフト券に現金をチャージするべし!!

最大2.5%のポイントバックで次回のお買い物に使えます。

手続きはとても簡単です。


1.Amazonギフト券を購入



Amazonでギフト券(チャージタイプ)を購入します



2.現金をチャージ





コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いを選択し、コンビニ・ATM・ネットバンキングのどれかでチャージします。



3.ポイント付与


翌月の中旬頃にポイントが付与されます。


チャージした金額の最大2.5%です。


しょっちゅうAmazonで購入する人はあらかじめチャージしておけばポイント分お得に買い物ができるということですね。

チャージ分の有効期限は10年なので安心して利用することができます。


Amazonギフト券を購入する




詳しくはAmazon公式サイト