ぎっくり腰に良い敷布団

ぎっくり腰に良い敷布団

ぎっくり腰に良い敷布団

ぎっくり腰とは医学的に急性腰痛症という病名で腰付近に激痛が走る症状を指し、欧米では魔女の一撃(Hexenschuss)と呼ばれております。

 

ぎっくり腰を患うと自分の力では立てないほどの激痛が走るので日常生活に大きな支障が出やすく、病院を受診して治療を受けた方が良いかもしれません。

 

しかし、ぎっくり腰の治療には繋がらなくても、敷布団の種類を見直すことによって予防は十分に可能です。

 

日常品を利用した最も簡単なぎっくり腰の予防方法が敷布団やマットレスで、腰に負担が加わらないのは適度な硬さで高反発の敷布団となっております。

 

「身体を包み込んでくれるから柔らかい敷布団が良いのではないか?」と考えるかもしれませんが、以下の理由でぎっくり腰や腰痛の原因に繋がりやすいので注意が必要です。

 

  1. 人間の腰付近の骨は真ん中辺りがカーブして反っている
  2. 柔らかい敷布団で眠ると腰付近が重力の影響で沈み込む
  3. 背中側に力が入ってクッションの働きを担っている椎間板が潰れる
  4. 四六時中この状態が続いていると椎間板が背中側に飛び出す
  5. 横に位置している神経に触れると激痛が全身に走る

 

上記のように腰には大きな負荷が加わりやすく、身体が沈み込めば寝返りが打ちづらくなります。

 

寝返りは睡眠中に無意識のうちに引き起こされる身体の機能を健全化させるための動作で、上手く寝返りが打てないと血流が悪くなってぎっくり腰の原因になりやすいのです。

 

以上のような理由から、「腰が沈み込まずに寝返りがスムーズに打てる」「凸凹加工があって体圧を分散してくれる」という敷布団を使ってぎっくり腰を予防してみましょう。

 

両方の機能を持ち合わせた敷布団が当サイトでご紹介している雲のやすらぎで、腰に優しい寝心地が得られます。

 

公式HPの一番星ショップでは39,800円という価格で販売されているので、雲のやすらぎを毎日の生活の中に取り入れてみてください。

 

腰痛,布団,ぎっくり腰浮圧敷布団【雲のやすらぎ】

 

さて、上記でご紹介した雲のやすらぎは厚さが何と17cmもあるため、フローリングに敷いても腰に負担が加わることはないはずです。

 

薄くて柔らかい煎餅布団をフローリングに敷くと集中的な負荷が身体に加わりやすく、ぎっくり腰や腰痛の原因に繋がりやすいので注意しなければなりません。

 

床でもベッドでも使える敷布団ということで、他の製品と比べて雲のやすらぎは遥かに使い勝手が良くなっております。

 

しかし、既にぎっくり腰を引き起こして激痛が生じているのならば、病院を受診して痛み止めの薬を処方してもらうべきです。

 

「ぎっくり腰になったらベッドの上で安静に過ごす」という考え方は古く、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)やアセトアミノフェン、筋弛緩薬といった内服薬を服用し、痛みの様子を見ながら日常生活を続ける努力をしましょう。

【おすすめ】Amazonでお得にポイントを貯める方法




Amazonでお得に買い物をしたいならギフト券に現金をチャージするべし!!

最大2.5%のポイントバックで次回のお買い物に使えます。

手続きはとても簡単です。


1.Amazonギフト券を購入



Amazonでギフト券(チャージタイプ)を購入します



2.現金をチャージ





コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いを選択し、コンビニ・ATM・ネットバンキングのどれかでチャージします。



3.ポイント付与


翌月の中旬頃にポイントが付与されます。


チャージした金額の最大2.5%です。


しょっちゅうAmazonで購入する人はあらかじめチャージしておけばポイント分お得に買い物ができるということですね。

チャージ分の有効期限は10年なので安心して利用することができます。


Amazonギフト券を購入する




詳しくはAmazon公式サイト