ウレタンの敷布団

ウレタンの敷布団

ウレタンの敷布団

ウレタンとポリエステルの敷布団の違いについて

 

低反発の敷布団の素材として使われているのがウレタンで、合成樹脂の中に気体を発生させて発泡状にした物質です。

 

敷布団だけではなくベッドのマットレスの素材としても重宝されており、別名でプラスチックフォームや合成樹脂発泡体とも呼ばれております。

 

一方で化学繊維のポリエステルも敷布団の素材として近年では使用され始め、石油から製造されているのが大きな特徴です。

 

そこで、両方の素材の違いを把握するために、ウレタンとポリエステルの敷布団にどのようなメリットがあるのか以下ではまとめてみました。

 

<ウレタンの敷布団のメリット>

 

  • 低反発の製品で使われているので寝心地が良い
  • 部分的に硬さを変えたり凸凹にしたりと形状を自由に変化させられるので正しい姿勢で眠れる
  • 耐久力に優れているので経年劣化しにくくクッション性を失うまでの期間が長い
  • ダニや雑菌が繁殖しにくいのでアレルギー体質の方におすすめ

 

<ポリエステルの敷布団のメリット>

 

  • 原油価格の高騰によって値上がりしたものの安価に製造できる
  • 他の素材と比較して軽いので敷布団の重量感がなく持ち運びしやすい
  • クッション性が非常に高く太い化学繊維なので耐久性も良い
  • 防菌加工や防ダニ加工を施しやすいのでアレルゲンをお持ちの方におすすめ

 

どちらも化学繊維なので得られる効能は上記のように酷似しております。

 

大きな違いと言えば、ウレタンが水に弱い性質なので丸洗いできず、ポリエステルは吸湿性に劣り肌触りが悪いという点です。

 

ウレタンと綿の敷布団の違いについて

 

敷布団の素材として使われていることが多いのは綿で、ポリエステルや木綿を混ぜ合わせた「綿わた」や、絹で構成されている「真綿」など幾つもの種類があります。

 

ウレタンとの大きな違いは放湿性に劣るという点で、頻繁に干さないとジメジメと湿気が溜まってカビやダニの原因になりやすいのです。

 

また、木綿わたに関しては身体を圧迫しやすく、血流が悪化して節々の痛みに繋がるかもしれません。

 

そのため、腰痛や肩こりといった症状で悩んでいる人には、木綿の敷布団は適していないのです。

 

どちらかと言うとウレタンの敷布団の方が適しているものの、丸洗いができないので衛生管理が非常に難しく、クリーニング業者に依頼しても引き受けてくれないケースもあります。

 

他にも、素材自体の価格が高くリーズナブルな料金で手に入らないため、当サイトでご紹介している羊毛の雲のやすらぎがおすすめです。

 

羊毛もポリエステルと比較すればそこまで安くないものの、「圧倒的な吸湿性」「寝心地の良さをキープ」「弾力性がある」とメリットが大きいので、敷布団をお探しの方は雲のやすらぎを購入してみてください。

 

腰痛,敷布団,ウレタン浮圧敷布団【雲のやすらぎ】

 

【おすすめ】Amazonでお得にポイントを貯める方法




Amazonでお得に買い物をしたいならギフト券に現金をチャージするべし!!

最大2.5%のポイントバックで次回のお買い物に使えます。

手続きはとても簡単です。


1.Amazonギフト券を購入



Amazonでギフト券(チャージタイプ)を購入します



2.現金をチャージ





コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いを選択し、コンビニ・ATM・ネットバンキングのどれかでチャージします。



3.ポイント付与


翌月の中旬頃にポイントが付与されます。


チャージした金額の最大2.5%です。


しょっちゅうAmazonで購入する人はあらかじめチャージしておけばポイント分お得に買い物ができるということですね。

チャージ分の有効期限は10年なので安心して利用することができます。


Amazonギフト券を購入する




詳しくはAmazon公式サイト