寝心地の良い敷布団

寝心地の良い敷布団

寝心地の良い敷布団

敷布団は人間の睡眠のために欠かせないグッズということで、寝心地が良いかどうかで比較するのは選択肢の一つとなっております。

 

寝心地が悪い敷布団を使って眠っていると以下のような弊害があるのです。

 

  • 眠りが浅くなって疲れが取れにくくなる
  • 寝付けないイライラで精神的なストレスが溜まる
  • 身体の節々に負担がかかって痛みが引き起こされる

 

上記のような弊害があるため、寝心地が良い敷布団で眠ることが大事だとお分かり頂けるはずです。

 

「寝心地が良い」と聞くと曖昧かもしれませんが、当サイトでご紹介している雲のやすらぎは暑い夏場でも寒い冬場でも気持ち良く眠れる敷布団となっております。

 

「通気性が良くて湿気がこもらない」「腰や肩といった部位に負担が加わらない」「体圧を分散してくれる」という条件が快眠に欠かせない敷布団で、雲のやすらぎは全ての機能を備えているのです。

 

硬すぎず柔らかすぎずピッタリな弾力性を持っており、何よりも身体への圧力を分散させるためのクロスクラウド製法が大きな特徴なのではないでしょうか。

 

横の繊維で力を逃がし、縦の凸凹で身体を支える構造となっており、睡眠時に寝返りが打ちやすいからこそ寝心地が良いと高い評判を雲のやすらぎは得ております。

 

17cmと分厚い素材で身体全体を包み込んでくれるので、長時間に渡って眠っていても身体は楽なままです。

 

へたった敷布団では腰や肩に負担をかけて腰痛や肩こりの原因になりやすいので、一度雲のやすらぎを試してみてください。

 

 

さて、寝心地の良さを重要視するのならば、復元力が低く身体全体が沈み込む低反発の敷布団が良いかもしれません。

 

「テンピュールマットレス」や「トゥルースリーパー」といった製品が通販では人気を得ており、低反発の敷布団やマットレスの代表格です。

 

しかし、低反発の敷布団やマットレスは全身に隙間無くフィットして寝心地が抜群なのに対して、以下のようなデメリットがあります。

 

  • 通気性が損なわれるので汗かきの人は湿気でジメジメしやすい
  • 腰の部分が沈むので睡眠時の姿勢が崩れやすく身体に負担が加わりやすい
  • 耐久性があまり良くないので経年劣化しやすい

 

敷布団に使われている材質によって異なるので一概には説明できないものの、上記のようなデメリットが目立ちます。

 

柔らかすぎることが原因で腰が沈み、上手く寝返りが打てなくて腰痛の原因に繋がりやすい点が一番の問題かもしれません。

 

その点、当サイトでご紹介している雲のやすらぎは高反発タイプですし、腰痛や肩こりの悩みを抱えている人にもおすすめの敷布団です。

 

腰痛,敷布団,寝心地浮圧敷布団【雲のやすらぎ】

【おすすめ】Amazonでお得にポイントを貯める方法




Amazonでお得に買い物をしたいならギフト券に現金をチャージするべし!!

最大2.5%のポイントバックで次回のお買い物に使えます。

手続きはとても簡単です。


1.Amazonギフト券を購入



Amazonでギフト券(チャージタイプ)を購入します



2.現金をチャージ





コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いを選択し、コンビニ・ATM・ネットバンキングのどれかでチャージします。



3.ポイント付与


翌月の中旬頃にポイントが付与されます。


チャージした金額の最大2.5%です。


しょっちゅうAmazonで購入する人はあらかじめチャージしておけばポイント分お得に買い物ができるということですね。

チャージ分の有効期限は10年なので安心して利用することができます。


Amazonギフト券を購入する




詳しくはAmazon公式サイト