防寒対策の敷布団

防寒対策の敷布団

防寒対策の敷布団

防寒対策と聞くと、「掛け布団の質が大事」と考える人は多いかもしれません。

 

もちろん、フカフカの掛け布団や毛布を使えば気温の下がる冬場でも心地良い眠りへと誘われますが、実は敷布団も防寒対策として重要な位置付けとなっております。

 

床からの冷えは侮ることができず、気付かないうちに身体が冷たくなって既に冷え性を患っている女性には以下のような様々な弊害があるのです。

 

  • 血液の循環が悪くなって二酸化炭素や老廃物が排出されず病気を患いやすくなる
  • 血行不良によってホルモン伝達物質が行き渡りにくくなって消化器官の働きが悪化する
  • 疲れが溜まりやすく全身のむくみやたるみの原因に繋がる
  • 体温が1℃低下すると基礎代謝が12%程度落ち、エネルギーを消費できなくなってダイエットの効果が下がる
  • 身体の不要物を排出する力が弱まってアレルギー症状が出やすくなる
  • 自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが崩れて自律神経失調症や神経性胃炎の原因に繋がる

 

上記のように、冷え性の悪化によって身体的にも精神的にもダメージが加わるのは紛れもない事実なので、冷え込みやすい夜は寝具で防寒対策を行わなければならないことがお分かり頂けるはずです。

 

そこで、防寒対策としておすすめの敷布団が当サイトでご紹介している雲のやすらぎで、17cmという分厚さが大きな魅力となっております。

 

敷布団の厚みの平均は大よそ6cm〜14cm程度なので、17cmを誇る雲のやすらぎは遥かに分厚いのです。

 

そのため、ひんやりとしたフローリングの上にそのまま敷いても身体全体が冷えることはなく、温かい素材で包んでくれます。

 

秋冬でも春夏でも1年を通して使えるリバーシブル仕様となっている便利な敷布団なので、防寒対策を考えている女性は雲のやすらぎを使ってみてください。

 

腰痛,敷布団,防寒対策浮圧敷布団【雲のやすらぎ】

 

さて、上記では気温の低い冬場の防寒対策として、掛け布団や毛布ではなく敷布団の質も大事だと説明致しました。

 

「敷布団と防寒対策は関係ない」というように、他にも下記のような間違った認識をしている方は多いかもしれません。

 

  • 重ね着に加えて毛布を使うと質の良い睡眠が阻害される
  • 電気毛布を一晩中に渡って使っていると深部体温が上がりすぎて不快感に繋がる
  • ポリエステルやナイロンなどの化学繊維で作られたパジャマは汗を吸収しないので、汗が冷えた際に低体温を引き起こす原因となる
  • 寒いからといって靴下を履いて寝ていると血行が悪くなって逆に冷えに繋がる

 

上記のような間違った防寒対策を行っていると、逆に冷え性の症状が悪化したり不眠に繋がったりと様々な弊害があるので十分に注意してください。

【おすすめ】Amazonでお得にポイントを貯める方法




Amazonでお得に買い物をしたいならギフト券に現金をチャージするべし!!

最大2.5%のポイントバックで次回のお買い物に使えます。

手続きはとても簡単です。


1.Amazonギフト券を購入



Amazonでギフト券(チャージタイプ)を購入します



2.現金をチャージ





コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いを選択し、コンビニ・ATM・ネットバンキングのどれかでチャージします。



3.ポイント付与


翌月の中旬頃にポイントが付与されます。


チャージした金額の最大2.5%です。


しょっちゅうAmazonで購入する人はあらかじめチャージしておけばポイント分お得に買い物ができるということですね。

チャージ分の有効期限は10年なので安心して利用することができます。


Amazonギフト券を購入する




詳しくはAmazon公式サイト