耐久性の良い敷布団

耐久性の良い敷布団

耐久性の良い敷布団

寿命が短い敷布団を使っていると頻繁に買い替えなければならないので、耐久性に焦点を当てて製品を比較するのも大事です。

 

もちろん、敷布団は人間の全体重を1日に7時間〜8時間程度支え続けており、想像以上に大きなダメージとなるので30年も40年も持つ製品はありません。

 

素材によって多少の違いはあるものの、敷布団は5年間〜10年間、掛け布団は10年間〜15年間程度が寿命の目安となっております。

 

人間の体重が加わる分、敷布団の方が経年劣化が早く、羊毛や化繊の敷布団と比べてウレタン素材の製品は痛みやすく外観が大丈夫でも中身がどんどん弱っていくのです。

 

それでも、直ぐにぺちゃんこになるような敷布団では困るため、耐久性の良い製品を購入したいと考える人が多いのではないでしょうか。

 

そのような方に適しているのが当サイトでご紹介している雲のやすらぎで、敷布団に備わるべき機能を全て取り揃えました。

 

大ボリュームの17cmの5層構造が雲のやすらぎの特徴で、高品質な敷布団なので耐久性もそれなりに高くなっております。

 

ホームセンターや量販店で販売されている敷布団と比較すれば圧倒的に寿命が長いので、「質の良い敷布団を長年に渡って使い続けたい」という方は雲のやすらぎを購入してみてください。

 

腰痛,敷布団,耐久性浮圧敷布団【雲のやすらぎ】

 

さて、敷布団が時間の経過によって経年劣化していくのは仕方がありませんが、寿命を迎えた製品をいつまでも使い続けていると以下のような弊害があります。

 

  • 眠っていて気持ちが良くないので快眠が阻害される
  • 腰やお尻の付近が凸凹になって身体を十分に支えることができなくなる
  • 湿気の吸収で弾力性が低下していくので寝心地が悪くなる
  • 通気性が悪くなって保湿性が半減しダニを中心とする雑菌が繁殖する

 

上記のように寝具としての役割をきちんと果たせなくなるため、耐久性のある敷布団や掛け布団が人気を得ているのではないでしょうか。

 

ただし、どんなに品質の高い素材を使っていても半永久的に長持ちする敷布団はありませんし、普段のお手入れ方法によっても大きく変わります。

 

「裏表や上下を入れ替えて満遍なく使用する」「定期的に陰干しして清潔さを保つ」「半年間に1回くらいのペースで丸洗いしたりクリーニングに出したりする」「水分の結露を防ぐために畳やフローリングに敷きっぱなしにしない」と丁寧なメンテナンスを行っていれば、耐久力の向上に繋がるはずです。

 

一人暮らしの男性にとっては特に敷布団を閉まったり敷いたりするのは面倒かもしれませんが、少しでも寿命を長く伸ばせるようなケアを行ってみてください。

【おすすめ】Amazonでお得にポイントを貯める方法




Amazonでお得に買い物をしたいならギフト券に現金をチャージするべし!!

最大2.5%のポイントバックで次回のお買い物に使えます。

手続きはとても簡単です。


1.Amazonギフト券を購入



Amazonでギフト券(チャージタイプ)を購入します



2.現金をチャージ





コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いを選択し、コンビニ・ATM・ネットバンキングのどれかでチャージします。



3.ポイント付与


翌月の中旬頃にポイントが付与されます。


チャージした金額の最大2.5%です。


しょっちゅうAmazonで購入する人はあらかじめチャージしておけばポイント分お得に買い物ができるということですね。

チャージ分の有効期限は10年なので安心して利用することができます。


Amazonギフト券を購入する




詳しくはAmazon公式サイト