赤ちゃんや子供でも使える敷布団

赤ちゃんや子供でも使える敷布団

赤ちゃんや子供でも使える敷布団

赤ちゃんや子供に適した硬さの敷布団について

 

新生児の赤ちゃんやまだ小さな子供にとっておネンネの時間は非常に大切で、成長ホルモンを分泌させて身体を成長させます。

 

大人でも寝ている最中に脳下垂体前葉から成長ホルモンが分泌されて髪の毛の発育などが促されており、赤ちゃんや子供にとってはもっと大事だとお分かり頂けるはずです。

 

そこで、「赤ちゃんや子供にはどのような硬さの敷布団を使ってあげれば良いのか?」という悩みを抱えている親御さんは多いかもしれません。

 

敷布団の材質や大きさよりも硬さが重要で、あまりにも柔らかすぎると身体が沈み込んで関節が不自然な形状になる恐れがあります。

 

それに、生後5ヶ月頃から積極的に寝返りを打つようになり、柔らかすぎると不自然な姿勢になって寝返りの練習が上手くできず、場合によっては顔が埋もれて窒息の原因に繋がるのです。

 

生まれたばかりの赤ちゃんの睡眠時間は16時間〜20時間と非常に長く、ミルクや母乳を飲んでいる時以外はほぼ寝ている計算となります。

 

その大事な睡眠を守ってあげるためにも、敷布団の硬さには細心の注意を払わなければならないのです。

 

赤ちゃんにはベビー用の敷布団が必要ですが、ある程度成長した子供ならば当サイトでご紹介している雲のやすらぎも十分に使えるでしょう。

 

適度な硬さで寝返りを打ちやすくなっており、防ダニ対策や抗菌防臭を徹底しているのでアレルギーをお持ちの子供に最適な敷布団です。

 

快適な睡眠をお客様に提供できるように努力しているメーカーなので、雲のやすらぎを是非一度使ってみてください。

 

腰痛,敷布団,赤ちゃん浮圧敷布団【雲のやすらぎ】

 

赤ちゃんや子供の敷布団は大人用で良いの?

 

「大人用の敷布団のミニチュアサイズが赤ちゃんや子供用の敷布団」と認識している親御さんは多いのではないでしょうか。

 

確かに、大人よりも身体が小さいだけなので、敷布団も小さめのサイズならば何でも良いと考えるはずです。

 

多少成長した子供ならばまだしも、新生児の赤ちゃんの身体や睡眠の状態の研究が日々行われ、適した敷布団が現在では登場しているのでベビー用の敷布団を使わなければなりません。

 

以下ではベビー用の敷布団が必要な理由やその選び方を表記しているので、是非一度参考にしてみてください。

 

  • 腰や関節が未発達なので柔らかすぎると背骨の歪みが生じて正常な発達を妨げる
  • 肌が非常にデリケートで傷付きやすいので化学繊維ではなく天然繊維の素材を選ぶべき
  • 体温調節の機能が発達しておらず熱がこもりやすいので薄手の素材で作られているベビー用の敷布団が必要
  • 大人よりも新陳代謝が良くて汗をかきやすいのでお手入れが簡単な敷布団が適している
  • 頭の大きさと首の長さがアンバランスなので高い枕も避けなければならない
  • 汗や湿気を吸い取って外部に発散させる羽毛布団が適している

 

上記のように、新生児の赤ちゃんの敷布団は小さければ良いという単純な話ではないので、産婦人科の看護師に相談してみましょう。

【おすすめ】Amazonでお得にポイントを貯める方法




Amazonでお得に買い物をしたいならギフト券に現金をチャージするべし!!

最大2.5%のポイントバックで次回のお買い物に使えます。

手続きはとても簡単です。


1.Amazonギフト券を購入



Amazonでギフト券(チャージタイプ)を購入します



2.現金をチャージ





コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いを選択し、コンビニ・ATM・ネットバンキングのどれかでチャージします。



3.ポイント付与


翌月の中旬頃にポイントが付与されます。


チャージした金額の最大2.5%です。


しょっちゅうAmazonで購入する人はあらかじめチャージしておけばポイント分お得に買い物ができるということですね。

チャージ分の有効期限は10年なので安心して利用することができます。


Amazonギフト券を購入する




詳しくはAmazon公式サイト