敷布団の材質

敷布団の材質

敷布団の材質

敷布団を新しく購入するに当たり、値段だけではなく材質や素材にも着目しなければなりません。

 

敷布団の材質は天然繊維と化学繊維の2種類に分けられ、得られる効能は大きく異なります。

 

アレルギー体質の人は化学繊維の敷布団を使うことにより、鼻づまりが酷くなったり目が痒くなったりするので材質が大事なのはお分かり頂けるはずです。

 

そこで、以下では敷布団に使われていることの多い材質を幾つかご紹介し、それぞれの特徴を説明しているので一度参照しておいてください。

 

羊の毛を使った羊毛

羊の毛を使った材質が羊毛(ウール)で、敷布団やセーターなど幅広く活用されております。

 

吸湿性や放湿性に優れているので湿気が溜まりにくく、就寝時の蒸れを軽減して快適な眠りへと導いてくれるのが大きな特徴です。

 

羽毛布団と比較してお手頃な価格で販売されており、化学繊維と混ぜ合わせることで弾力性を維持できます。

 

当サイトでご紹介しているは雲のやすらぎ最高級の羊毛のロレーヌダウンを使っており、睡眠中に低下しやすい体温を高めてくれるのです。

 

厳密な高品質基準を設けてクリアした材質のみを使って作っているので、通販で雲のやすらぎを購入してみましょう。

 

腰痛,敷布団,材質浮圧敷布団【雲のやすらぎ】

 

化学繊維のポリエステル

化学繊維の中でも敷布団に使われていることの多い素材がポリエステルで、多くの製品の中に入っているはずです。

 

低価格なのにも関わらず抗アレルゲン作用が期待できるため、アレルギー体質の人に適しております。

 

しかし、保湿性や放湿性、耐久性に関してはかなり劣っており、身体の熱がこもって蒸れを感じやすいのが欠点です。

 

古くから愛用されてきた木綿(コットン)

日本人に古くから愛用されてきた材質が木綿(コットン)で、敷布団に最適だと言われております。

 

重みがあるので掛け布団には適しておりませんが、植物性の天然繊維で汗をしっかりと吸って保湿力を発揮してくれるので、木綿(コットン)は敷布団の素材として活用されているのです。

 

ただし、小まめに天日干しなどの手入れをしないとジトジトした手触りとなり、メンテナンスが面倒ということで木綿(コットン)の製品は以前と比べて大分少なくなってしまいました。

 

ラクダの毛のキャメル

ラクダの毛のキャメルを用いた敷布団は存在し、吸汗性が高くてへたりにくいのが大きな特徴となっております。

 

現在では高級な素材として扱われており、重量も軽くてクッション性がある点もキャメルのメリットです。

 

ただし、製品の品質が悪いと獣臭がして快適な眠りが阻害されるかもしれないので注意しましょう。

 

中綿素材のトルマリン

あまり聞き慣れないかもしれませんが、敷布団の中綿素材として注目を集めているのがトルマリンです。

 

ナトリウムや鉄を含む鉄電気石で、様々な種類の波長の遠赤外線を発生させて身体を保湿してくれます。

【おすすめ】Amazonでお得にポイントを貯める方法




Amazonでお得に買い物をしたいならギフト券に現金をチャージするべし!!

最大2.5%のポイントバックで次回のお買い物に使えます。

手続きはとても簡単です。


1.Amazonギフト券を購入



Amazonでギフト券(チャージタイプ)を購入します



2.現金をチャージ





コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いを選択し、コンビニ・ATM・ネットバンキングのどれかでチャージします。



3.ポイント付与


翌月の中旬頃にポイントが付与されます。


チャージした金額の最大2.5%です。


しょっちゅうAmazonで購入する人はあらかじめチャージしておけばポイント分お得に買い物ができるということですね。

チャージ分の有効期限は10年なので安心して利用することができます。


Amazonギフト券を購入する




詳しくはAmazon公式サイト