敷布団の選び方

敷布団の選び方

敷布団の選び方

フローリングで使う敷布団の選び方について

近年ではマンションやアパートが立ち並び、和室が一切なく洋室のみの家が増えてきました。

 

そこで、フローリングで使う敷布団の選び方の目安が知りたいという方は多いはずです。

 

確かに、寝室環境によって敷布団の選び方は微妙に異なり、少しでも快適な寝心地が得られるような製品を購入するべきなのではないでしょうか。

 

私たちが生きていくに当たって想像以上に睡眠は大切で、寝不足状態が続くと大脳の疲労が回復せず、感情のコントロールができなくなったり集中力が欠如したりと様々な弊害があります。

 

以下ではフローリングで使うのに最適な敷布団の選び方を箇条書きで説明しているので、これから製品の購入を考えている方は参考にしてみてください。

 

  • フローリングは床に直接張られていて湿気の逃げ場がないので通気性の良い製品を選ぶ
  • 敷布団の裏にカビが発生しやすいので寝汗などの水分を吸収できる製品を選ぶ
  • 薄い製品だと腰や肩に負荷が加わるので分厚くて弾力性のある敷布団を選択する
  • 手足の末端の寝冷えを防ぐために保湿力が高く冬場でも一定の温度を保てる敷布団を選ぶ

 

上記の要素を兼ね備えている敷布団が当サイトでご紹介している雲のやすらぎです。

 

17cmという分厚さを誇るのでフローリングにそのまま敷いて眠れますし、体圧を拡散させるためにクロスクラウド製法が採用されているところも注目のポイントかもしれません。

 

通常の敷布団よりも圧倒的に寝返りがスムーズに打ちやすく、スヤスヤと快眠を得ることができるので一度雲のやすらぎを使ってみてください。

 

腰痛,敷布団,選び方浮圧敷布団【雲のやすらぎ】

 

畳で使う敷布団の選び方について

このページでは、畳で使う敷布団の選び方について詳しく説明しております。

 

上記でご説明したフローリングの項目と少々被るところがあるかもしれませんが、和室で眠ることが多い方は一度チェックしておきましょう。

 

  • ベッドとは違って高さがなくそのまま敷く形となるので身体の痛みを軽減させるために分厚い敷布団を選ぶ
  • 床と接触していてアレルゲンの影響を受けやすいので抗菌作用や防ダニ作用のある敷布団を選ぶ
  • 腰痛や肩こりを予防するために中高年以上の年齢の方は身体への圧力を拡散できる敷布団を選ぶ
  • 高齢者の方は特に手軽に扱える点を重視して比較的軽い商品を選択する

 

畳で使う敷布団を選ぶ際も、カビの発生やダニの繁殖を食い止めるために通気性や吸湿性の良さで決めるのが良いかもしれません。

 

「コストパフォーマンスで比較する」「耐久性で比較する」という点も大事ですし、実際に敷布団を使ってみたお客様の口コミや評判をチェックするのも選択肢の一つです。

【おすすめ】Amazonでお得にポイントを貯める方法




Amazonでお得に買い物をしたいならギフト券に現金をチャージするべし!!

最大2.5%のポイントバックで次回のお買い物に使えます。

手続きはとても簡単です。


1.Amazonギフト券を購入



Amazonでギフト券(チャージタイプ)を購入します



2.現金をチャージ





コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いを選択し、コンビニ・ATM・ネットバンキングのどれかでチャージします。



3.ポイント付与


翌月の中旬頃にポイントが付与されます。


チャージした金額の最大2.5%です。


しょっちゅうAmazonで購入する人はあらかじめチャージしておけばポイント分お得に買い物ができるということですね。

チャージ分の有効期限は10年なので安心して利用することができます。


Amazonギフト券を購入する




詳しくはAmazon公式サイト