敷布団とベッドの比較

敷布団とベッドの比較

敷布団とベッドの比較

毎日の睡眠として敷布団を使った方が良いのか、ベッドを購入した方が良いのか迷っている方は少なくありません。

 

確かに、フローリングや畳に直接寝転がって眠る人はおりませんし、敷布団を使うかベッドを使うかの二択になります。

 

そこで、このページでは敷布団とベッドを比較するために、両方のメリットとデメリットを箇条書きで記してみたので、一度参照しておきましょう。

 

敷布団のメリット

  • 寝たい時に部屋の中に敷けば良いので無駄なスペースを取らない
  • 晴天の日に丸ごと天日干しして清潔な状態で保てる
  • ベッドと比較してどの製品もコストパフォーマンスが良い
  • 落下や転倒の心配がないので安心して眠ることができる
  • 押入れの中に収納でき、昼間はソファとして活用できる
  • 一息入れたい時にゴロゴロして時間を無駄にせずに済む
  • 姿勢良く寝やすいので腰痛や猫背の解消に繋がる

 

敷布団のデメリット

  • 敷布団をたたんで収納するのが面倒くさい
  • フローリングや畳に敷きっぱなしにしているとカビが発生する
  • 薄い煎餅布団を使っていると腰や肩が痛くなる
  • 品質の悪い製品だと数年間程度で経年劣化してへたってくる
  • 床との距離が近いのでホコリやダニなどアレルゲンの影響を受けやすい

 

ベッドのメリット

  • 底が高くて床と離れているのでハウスダストを吸い込まずに済む
  • 楽になりたい時に直ぐにゴロゴロ寝転がることができる
  • 個人の用途に合わせて形やバリエーションを選んで部屋をレイアウトできる
  • 布団を上げ下げという面倒な行為を行わずに済む
  • ベッドの下に収納スペースがあったり2段式になっていたりと多機能な商品が多い

 

ベッドのデメリット

  • シーツやカバーを洗うことはできてもマットレスのクリーニングは専門の業者に依頼しなければない
  • デザイン面を考慮すると高額な費用がかかる
  • 大きいサイズのベッドはパーツを外したり組み立てたりしなければならないので引っ越しの際に不便
  • マットレスの種類によっては通気性が悪く寝心地が悪くなりやすい
  • ベッドの下にホコリが溜まってアレルギー体質の人は症状の悪化に繋がる
  • スペースを取られるので部屋が狭い人にとっては不便
  • 処分する際に手間とお金がかかる

 

上記のように、敷布団にもベッドにもメリットとデメリットの両方があるので、「○○○の方が良い」とは一概に説明することはできません。

 

それでも、部屋の構造上、和室に住んでいるのならばベッドの重さで畳が凹んでしまうため、敷布団を使って眠るべきです。

 

当サイトでは、多種多様な機能を持ち合わせているのにも関わらず、39,800円というお手頃な価格で販売されている敷布団の雲のやすらぎをご紹介しているので、公式HPで詳細を確認してみてください。

 

腰痛,敷布団,ベット浮圧敷布団【雲のやすらぎ】

【おすすめ】Amazonでお得にポイントを貯める方法




Amazonでお得に買い物をしたいならギフト券に現金をチャージするべし!!

最大2.5%のポイントバックで次回のお買い物に使えます。

手続きはとても簡単です。


1.Amazonギフト券を購入



Amazonでギフト券(チャージタイプ)を購入します



2.現金をチャージ





コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いを選択し、コンビニ・ATM・ネットバンキングのどれかでチャージします。



3.ポイント付与


翌月の中旬頃にポイントが付与されます。


チャージした金額の最大2.5%です。


しょっちゅうAmazonで購入する人はあらかじめチャージしておけばポイント分お得に買い物ができるということですね。

チャージ分の有効期限は10年なので安心して利用することができます。


Amazonギフト券を購入する




詳しくはAmazon公式サイト