敷布団のメンテナンス・クリーニング

敷布団のメンテナンス・クリーニング

敷布団のメンテナンス・クリーニング

敷布団のメンテナンスについて

「ダニやハウスダストのない綺麗な状態で敷布団を使用したい」「少しでも敷布団の寿命を延ばしたい」「快適で質の良い睡眠を取りたい」と考えているのならば、定期的にメンテナンスしなければなりません。

 

敷布団は1日の3分の1から4分の1の時間に渡って私たちの全体重を支えており、知らず知らずのうちにダメージが加わります。

 

どんなに高級な素材で作られた敷布団でもダメージで経年劣化していくため、長持ちさせるためにはメンテナンスが欠かせないのです。

 

使われている素材によって多少は異なるものの、以下では敷布団のメンテナンス方法をご紹介しているので一度目を通しておきましょう。

 

  • 湿度の高い部屋で使っている場合は湿気が溜まりやすいので1週間に一度は天日干しする
  • ただ太陽の光に当てるだけではなく小まめに裏返して空気と触れさせるのがポイント
  • 羽毛の敷布団を使っている場合は天日干しの頻度を減らして陰干しを増やす
  • 寝汗がしみ込むのを避けるために敷布団にカバーをかけて小まめに洗濯する
  • 汗で発生した湿気を発散させるために起きてから少し放置して押入れなどに収納する
  • アレルギー症状を防ぐためにダニ退治専用の掃除機で死骸や糞を除去する
  • 敷布団や掛け布団を叩くとダニや死骸が砕けて2倍から3倍に増えるので避ける

 

当サイトでご紹介している雲のやすらぎも、少しでも品質の良い状態を保つために上記のようなメンテナンスが欠かせません。

 

公式サイトでも最適なメンテナンス方法がご紹介されているので、一度参照しておいてください。

 

腰痛,敷布団,メンテナンス浮圧敷布団【雲のやすらぎ】

 

敷布団のクリーニングの相場について

自宅で敷布団を丸洗いしたり洗濯機を使って洗ったりするのが面倒ならば、クリーニングに出すのが良いかもしれません。

 

業者によって異なるものの、敷布団だけのクリーニングの相場は大よそ4,000円〜6,000円程度となっております。

 

しかし、「どうせならば掛け布団や毛布もクリーニングしてもらおう」と考える方が多く、セットでの相場は11,000円〜16,000円と少々高い費用がかかるので注意が必要です。

 

敷布団のクリーニングの頻度について

「どのくらいの頻度で敷布団をクリーニングに出せば良いのだろうか?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

厚生労働省では洗濯の頻度を指示しており、「公衆浴場における衛生等管理要領等の改正について」というページでは半年間に1回の頻度が望ましいと表記されておりました。

 

家庭と旅館では環境が異なるので何とも言えませんが、敷布団や掛け布団などの寝具をなるべく清潔な状態で保った方が良いのは紛れもない事実です。

 

しかし、半年間に1回のペースでクリーニング業者を利用するのは費用の負担が大きいので、最低でも1年間に1回の利用を心掛けましょう。

【おすすめ】Amazonでお得にポイントを貯める方法




Amazonでお得に買い物をしたいならギフト券に現金をチャージするべし!!

最大2.5%のポイントバックで次回のお買い物に使えます。

手続きはとても簡単です。


1.Amazonギフト券を購入



Amazonでギフト券(チャージタイプ)を購入します



2.現金をチャージ





コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いを選択し、コンビニ・ATM・ネットバンキングのどれかでチャージします。



3.ポイント付与


翌月の中旬頃にポイントが付与されます。


チャージした金額の最大2.5%です。


しょっちゅうAmazonで購入する人はあらかじめチャージしておけばポイント分お得に買い物ができるということですね。

チャージ分の有効期限は10年なので安心して利用することができます。


Amazonギフト券を購入する




詳しくはAmazon公式サイト